北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!
当量
 試薬の当量関係に無頓着なレポートばかりなのは残念に思います。
■  [PR]
# by kfuchibe | 2014-02-06 21:38 | 有機金属反応剤 (3年生)
くせ字
 レポートを書くという点から見れば、くせ字は決してほめられたことではありません。(開き直って?)全開のくせ字で書かれたレポートと、できるだけ読みやすくするための努力の跡が見られるくせ字で書かれたレポートとでは、おのずと評価は異なります。字にも、個性が求められる場面とそうでない場面があります。
■  [PR]
# by kfuchibe | 2013-01-31 01:08 | 有機金属反応剤 (3年生)
レポート用紙ののり付け
 レポート用紙の上部ののり付け(ペリペリするあの部分)がくっついたままで提出されたレポートを見ると、「ああ、この人は自分が書いたレポートを一度も見直すことなくぺぺっと出してきたんだな」とわかって悲しい気持ちになります。
■  [PR]
# by kfuchibe | 2013-01-30 23:48 | クライゼン転位 (3年生)
溶媒の量
 一般的な合成実験の場合、溶媒の量はそれほど細かく書く必要はありません(14.9 mLとか4.7 mLとか)。15 mL、5 mLで十分です。ちなみに、分液した有機層の乾燥に使った無水硫酸ナトリウムの重量は、そもそも書く必要はあまりありません。書きたければ書いてもいいですけど。
■  [PR]
# by kfuchibe | 2013-01-30 23:39 | 有機金属反応剤 (3年生)
当たり前すぎること
 冷却水を流した、とか、スターラーを回転させたとか、とか、あまりに当たり前なことは書く必要がありません。
■  [PR]
# by kfuchibe | 2013-01-30 23:34 | 有機金属反応剤 (3年生)
< 前のページ   次のページ >

ここに記載されている内容は、学生実験をより充実させるための私個人の見解によるアドバイスです。必ずしも筑波大学教員の共通見解ではないことに留意してください。連絡先:029ー853ー4514
by kfuchibe
> 検索
> おすすめキーワード(PR)
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧
XML | ATOM

skin by excite